繰り返すあごやフェイスラインのニキビ|原因と対策

繰り返すあごやフェイスラインのニキビ|原因と対策

・あごやフェイスラインニキビの原因
思春期の場合
思春期のあごのニキビの原因はアクネ菌によるものが主な原因です。
皮脂や汚れが綺麗に洗浄できず、毛穴を詰まらせることで
もともと人の肌にあるアクネ菌が皮脂や汚れを餌にして増えることで
あごやフェイスラインのニキビを発生させます。
さらに、肌の乾燥もニキビの原因です。

大人の場合
大人の場合のあごニキビはストレスなどホルモンの乱れによることが主な原因です。
また、男性の場合は毎日の髭剃りの刺激によって
おこる「過角化」があります。
過角化とは、角質が厚くなることを言い、角質が厚くなることで
毛穴に詰まった皮脂や汚れが綺麗に洗浄できないことで
アクネ菌を増やし、ニキビを発生させてしまいます。
また、髭剃りによって角質が剥がされそこに雑菌は侵入し
ニキビを発症させることも原因だといわれています。

女性の場合のあごやフェイスラインのニキビの原因はホルモンバランスの乱れです。
特に生理中や生理前後にあごやフェイスラインにニキビが発症しやすいと感じたことはありませんか。
生理になると、黄体ホルモンが多く分泌されます。
黄体ホルモンには、皮脂を分泌させる作用や肌の水分量を低下させる作用があるため、ニキビを作りやすい肌の状態にしてしまいます。
また、生理時はイライラや、頭痛などの症状が出ることがあり、
それによるストレスがニキビを発症させる原因にもなっています。

・あごやフェイスラインにできるニキビ対策
思春期の場合
毛穴に詰まった汚れや皮脂をきれいに洗い流すことが大切です。
摩擦を起こさないよう、たっぷりの泡で洗顔をする、
ピーリング石鹸を使って古い角質を取り除くのも有効です。
さらに、洗顔後にはしっかり保湿をすることで
肌のターンオーバーを促し、ニキビのできにくい肌を作ることができます。

男性の場合は、シェービングの時のひと手間があごやフェイスラインのニキビの対策になります。
シェービングの際は、シェービングフォームを付けるなど
肌に大きな負担をかけないようにすること、シェービング後には
化粧水を付けるなど保湿をすることがあごやフェイスラインの過角化を防いだり、角質をはぎ取らないことにつながり、ニキビの予防になります。

女性の場合は、ホルモンバランスの乱れが原因となるため、
ストレスを感じたら上手に発散させることが予防になります。
手軽なストレス発散法として深呼吸がおススメです。
深呼吸は副交感神経を活性化させて自律神経を整えることができます。
また、生理時には黄体ホルモンによって多く分泌される皮脂をこれ以上増やさないために食生活を野菜中心にしてみましょう。
特に生理中は脂っこい食事を避けることで皮脂の分泌をこれ以上増やさないことがニキビの予防につながります。