繰り返すあごやフェイスラインのニキビ|原因と対策

繰り返すあごやフェイスラインのニキビ|原因と対策

・あごやフェイスラインニキビの原因
思春期の場合
思春期のあごのニキビの原因はアクネ菌によるものが主な原因です。
皮脂や汚れが綺麗に洗浄できず、毛穴を詰まらせることで
もともと人の肌にあるアクネ菌が皮脂や汚れを餌にして増えることで
あごやフェイスラインのニキビを発生させます。
さらに、肌の乾燥もニキビの原因です。

大人の場合
大人の場合のあごニキビはストレスなどホルモンの乱れによることが主な原因です。
また、男性の場合は毎日の髭剃りの刺激によって
おこる「過角化」があります。
過角化とは、角質が厚くなることを言い、角質が厚くなることで
毛穴に詰まった皮脂や汚れが綺麗に洗浄できないことで
アクネ菌を増やし、ニキビを発生させてしまいます。
また、髭剃りによって角質が剥がされそこに雑菌は侵入し
ニキビを発症させることも原因だといわれています。

女性の場合のあごやフェイスラインのニキビの原因はホルモンバランスの乱れです。
特に生理中や生理前後にあごやフェイスラインにニキビが発症しやすいと感じたことはありませんか。
生理になると、黄体ホルモンが多く分泌されます。
黄体ホルモンには、皮脂を分泌させる作用や肌の水分量を低下させる作用があるため、ニキビを作りやすい肌の状態にしてしまいます。
また、生理時はイライラや、頭痛などの症状が出ることがあり、
それによるストレスがニキビを発症させる原因にもなっています。

・あごやフェイスラインにできるニキビ対策
思春期の場合
毛穴に詰まった汚れや皮脂をきれいに洗い流すことが大切です。
摩擦を起こさないよう、たっぷりの泡で洗顔をする、
ピーリング石鹸を使って古い角質を取り除くのも有効です。
さらに、洗顔後にはしっかり保湿をすることで
肌のターンオーバーを促し、ニキビのできにくい肌を作ることができます。

男性の場合は、シェービングの時のひと手間があごやフェイスラインのニキビの対策になります。
シェービングの際は、シェービングフォームを付けるなど
肌に大きな負担をかけないようにすること、シェービング後には
化粧水を付けるなど保湿をすることがあごやフェイスラインの過角化を防いだり、角質をはぎ取らないことにつながり、ニキビの予防になります。

女性の場合は、ホルモンバランスの乱れが原因となるため、
ストレスを感じたら上手に発散させることが予防になります。
手軽なストレス発散法として深呼吸がおススメです。
深呼吸は副交感神経を活性化させて自律神経を整えることができます。
また、生理時には黄体ホルモンによって多く分泌される皮脂をこれ以上増やさないために食生活を野菜中心にしてみましょう。
特に生理中は脂っこい食事を避けることで皮脂の分泌をこれ以上増やさないことがニキビの予防につながります。

女性の死因一位の癌、大腸癌|これだけはやっておきたい検査と日々気を付けること

女性の死因一位の癌、大腸癌ってご存知でしたか?
多くの女性に可能性がある大腸癌は遺伝の可能性もあるのですが、
生活習慣とも深く関係しているとも考えられています。

これだけはやっておきたい検査と日々気を付けることご紹介します。

・大腸がんの原因
大腸癌の原因も遺伝的な要素があるのですが、それ以外だと
食生活や運動習慣の有無など生活習慣とも関係があります。
脂っこい食事が多い、肉中心の食生活、外食が多く野菜や果物を食べることがほとんどない、
アルコールを毎日飲む、たばこを吸うなどの習慣は
大腸がんを引き起こす原因になります。

・日々、気を付けること
大腸癌は食事の内容で、リスクを軽減できるという研究結果が出ています。
大腸癌を防ぐには、野菜中心、食生活を心がけましょう。
また、果物を多く食べる、アルコールやたばこを控えることは
大腸がんを防ぐだけでなく、健康を維持するために大切なことです。
さらに、便通を良くすることも、大腸癌予防のために大切です。
女性の場合は特に、3日も便が出ないことは当たり前になってしまい、
放置しがちなのですが、
ヨーグルトや海藻類を食べることを心がけ、便秘解消に努めましょう。
そして、運動も大腸癌には有効です。
激しい運動ではなく、ウォーキング、ストレッチなど軽い運動を
習慣づけましょう。

大腸癌は、自覚症状が出たときには、癌がかなり進行している状態だといわれている為、定期的な検査を行うことが大切です。

・大腸癌検査について
大腸癌の検査には便を採取して行う検査と、触診による検査があります。
便を採取して行われる検査は、「便潜血検査」といわれ、
便に混じって出るわずかな血液を採取して検査を行う方法です。
2日分の便を採取して提出します。
触診による検査は、「直腸診」といわれ、医師が肛門から指を直接入れて直腸部分を触って検査を行います。

・大腸癌の手術
大腸癌が見つかったら、まずは外科手術が行われ、
腹腔鏡を使った手術によって癌を切除します。
また、癌の進行状況によって放射線療法や化学療法が行われます。

最後に、女性の死因第一の大腸癌を防ぐには、
羞恥心を捨てるということが大事です。
大腸がんの検査って、便を提出する、医師による触診など
女性からすると、検査するだけでも多少の抵抗があるものばかりですが、
自覚症状が出たときには、治療にも時間がかかり
命にかかわることなので、恥ずかしいと思わず定期的な検査を心がけることが一番の予防になりそうです。

ニキビは体調不良のサインです!こんな症状が隠れているかもしれません。

またできちゃってるニキビを見つけると
テンションが下がります。
早く治したいと思う方が先になって、本当の原因なんて考えたことがないって人も多いと思いますが、
実は、ニキビができる本当の原因には、こんな症状が隠れているかもしれないんです。

ニキビは体調不良のサインです!
こんな症状が隠れているかもしれません。

ニキビの原因はアクネ菌によるものというのは
多くの人が知っていることですが、東洋学では顔の皮膚と内臓はつながっていると考えられていて、ニキビができる原因には、体調が悪いというサインだといわれています。

部位によって違う体調不良のサインについてご紹介します。

・額にできるニキビ
額は消化器系とつながっていると考えられています。
額にニキビができるということは、胃が弱っているサインなので、
水分補給を多めにする、食物繊維の多い食品を多くとるなど
消化を助ける食事を心がけましょう。

・目の周り、眉間にできるニキビ
目の周りや眉間は肝臓とつながっていると考えられています。
肝臓が弱っているサインのため、アルコールを飲むのを制限する、
脂っこい食事を食べないように心がけましょう。

・鼻にできるニキビ
ニキビが鼻にできていると両想いってことなんて言われていて
鼻のニキビを見て喜んでいた時代がありましたが、
鼻にできるニキビは血圧に関係しているといわれています。
いつもより、血圧が高くなっているサインかもしれないため、塩分の取りすぎなどに注意して、しっかり水分補給しましょう。

・顎にできるニキビ
顎にニキビができると、ホルモンバランスが崩れているというサインです。
大豆食品を積極的に食べる、ストレス発散を上手にする、早寝早起きを心がけるなど、生活面の改善を行いましょう。

・頬にできるニキビ
頬にニキビはできている人は、消化器系や大腸、肺が弱っているかもしれません。
消化不良、お酒の飲みすぎ、たばこの吸いすぎに、便秘などになっていないでしょうか。
消化を促す食事を心がけること、アルコールやたばこの制限、
軽い運動を心がけてみましょう。

ニキビは皮膚だけの問題だと思いがちですが、
このように、主に内蔵の不調がニキビができる本当の原因です。
また、便秘などによって体の中にたまってしまった毒素がニキビとして
表れます。

あごやフェイスラインのニキビでお悩みならメルラインがオススメです!

ニキビ対策として、皮膚を清潔にするということも大切ですが、
食事やアルコールの飲みすぎ、たばこの吸いすぎなど
体に入れるものにも気を付けましょう。
便秘解消には、ウォーキングやストレッチも効果的です。

咳が止まらない・・・こんな病気が隠れている危険性があります。

風邪をひくと誰でも咳が止まらないことってありますよね?

気管支が弱い人は特に咳が出やすく、温度の変化や乾燥だけでも席が出やすいようです。

咳は体の中の異物を外に出そうとすることで出ると言われているのですが、

風邪が治ってもなかなか止まらない咳には注意が必要らしいですよ。

もし風邪が原因での咳の場合は、1週間ほどで改善するもので2週間以上続く場合は

風邪以外の病気が隠れている可能性があります。

具体的には喘息や花粉症などのアレルギー症状が疑われ、

ハウスダストや花粉などによって咳が止まらないということも考えられます。

アレルギーによって咳が出るという事を知らない人が多いようですが、

長引く咳のほとんどが、このアレルギーが原因になっているそうです。

また、梅雨時や夏などエアコンの内部にカビが生え、その胞子をエアコンをつけるたびに吸い込んでしまうことによって、

今まで喘息とは無縁だった人がひどい咳に襲われ、大人になってから喘息になるひとが増えています。

大人でもこのエアコンのカビは体に大きなダメージを与えることになるので、

小さな子供には特に注意が必要と言え、定期的なクリーニングと掃除が不可欠なのです。

 

私の友達は風邪だと思っていたのですが、1か月も咳が止まらず夜中には特に

苦しいほどに咳き込んでいたのですが、あまりにも胸に負担がかかったため肋骨にひびが入ってしまったそうです。

その時初めて病院を受診したところ、百日咳だと分かったそうです。

咳は自分が思っている以上に力を使っているそうで、

肋骨にひびが入ったり、ぎっくり腰になる人も少なくないようです。

百日咳もかなり長い間咳が続くのですが、病院ではなかなか発見されにくい病気のようで、

いつもの風邪とは明らかに違うと思ったら、自分から検査を依頼するなどアクションを起こさないと、

医師は単なる風邪と判断しその時に本当に必要な治療が受けられないかもしれません。

 

昔は不治の病と言われた結核も咳が主な症状で、最近はかなり患者数は減ったとは言え、

芸能人でも数名発症した人がいましたよね?

ですから、誰でもいつ発症するか分からない病気と言えます。

また、この長引く咳の中で一番怖いのが肺がんです!

肺がんは血淡や微熱、倦怠感などの症状を伴うこともありますが、

初期の場合は風邪だと勘違いして放置してしまうことが多い病気です。

1か月以上空咳が続く場合は肺がんの検査を受けた方が安心かもしれません。

現代病とされるアトピー性皮膚炎の原因と対策

最近はアトピー性皮膚炎は現代病だという認識があり、

昔はなかった物がその原因になっているのではないかと言われています。

アトピー性皮膚炎は体質が大きく関わっているので、

早い人は赤ちゃんの頃から発症し、重症の場合は生活に色々な制限が必要になります。

赤ちゃんはお母さんが食べたものにアレルギーの原因があると、

それを母乳を通して摂取してしまい、アトピー性皮膚炎を発症します。

その場合は、母親もアレルゲンを除去する食生活をしなくてはならず、

場合によってはアトピー用のミルクを使う場合もあります。

 

それではなぜアトピー性皮膚炎は現代病と言われるようになったのでしょう?

実は私も軽度のアトピー性皮膚炎で食べ物や直接肌に塗るものにも細心の注意が必要なのです。

実は、このアトピーの原因は人それぞれ違い、具体的なアレルゲンは病院で血液検査をしなくては分からないようです。

一般的には・・・乳製品、卵、小麦、魚介類、ハウスダスト、カビなどです。

自分のアレルゲンを知ることでそれを除去すればアトピーを改善出来ると思いますよね?

でも、必ずしもそうではないのがこのアトピーの厄介なところで、

確かに良くなることがおおいのですが、完全に治すのは難しいようです。

 

アトピー性皮膚炎の治療はなかなか難しいようで、ステロイドを長期的に使うことも珍しくありません。

少し前まではステロイドが魔法の薬のようにもてはやされ、

乱用したことによる副作用に今も苦しんでいる人も少なくありません。

肌が象のように硬くなり、赤紫色に色素沈着してしまい、

元の肌には戻らないことも少なくありません。

30代から40代の大人に多いのは、ステロイドの知識がほとんどない医師が

どんどん強い薬を処方していた時代の人たちです。

私の友人も何人かこのステロイドの副作用に苦しんでいて、

今でも肌を露出することができないと嘆いています。

 

やはり、アトピー性皮膚炎はステロイドに頼り過ぎない事と、

体の内側から治療することが大切で、最近は漢方薬による治療を受ける人も多いようです。

こんなに医療が進んだ現代でも、アトピーに関しては完治させるすべがないのが不思議でなりません!

もっと研究が進んでアトピー性皮膚炎で苦しむ人が居なくなるといいのですが・・・

アルツハイマーの初期症状|こんな症状には注意したい。

お年寄りが徘徊したり、意味が分からないことを言ったりやったりすることを

少し前まではボケたと表現していましたが、今はひとくくりではなく

「アルツハイマー型認知症」「脳血管性認知症」に分けられます。

もし自分の親がこの認知症を発症したといたら、

どうしますか?

私は現在両親とは同居していないので実感がわきませんが、

きっと今の生活を維持することはできなくなってしまうはずです。

ですから、この認知症の意識を持つことで、

初期の段階で家族が気づいて専門の病院を受診することができるのではないでしょうか?

認知症の中でも多いアルツハイマー型認知症の初期症状は、

「物忘れ」から始まることが多いようで、これを病気につなげて考えることは難しいかもしれませんね!

自分の両親を見ていると、やはり年々物忘れがひどくなって、

芸能人の名前や観たドラマや映画の題名などがなかなか出てこないし・・・

ってそれてって私も最近よくあるんですよね~

そう考えると物忘れ=アルツハイマーなんて考える人は少ないのかもしれません。

このよくある物忘れから始まって、今自分が何をしていたのか、

どこに行こうとしていたのか、朝何を食べたのか・・・など日常の中に思い出せないことが増えてきます。

正直、私も洗面所に行って「あれ?私今何しに来たんだっけ??」なんてことがよくあるんです!

ヤダな~もしかしたら私自身がアルツハイマーになる可能性があるのかも・・・

このように、物忘れがひどいけど日常生活に問題がなく、料理や洗濯、買い物などができ、

他人とコミュニュケーションがとれているいる場合は、初期段階の「軽度認知障害」で、

この時点で家族や本人が気づくと、それ以上進行しないような治療ができ、

深刻なアルツハイマーの症状にならずに済むことも多いようです。

実はこのアルツハイマー型認知症は進行がゆっくりなので、

一緒に住んでいる家族も気づかないことが多いようです。

昨日と今日の症状がはっきり違う場合は病気に気付きやすいのですが、

本人も家族も気づかないほどゆっくり進行するため、

かなり症状が重くならないと病気だと思わないことが多いようです。

軽度認知障害の時点で本人も今までとの違いを感じていても、

自分が認知症になりかけているなどと考える人は少なく、

病院でも「特に変わりがありません、元気です!」と答えてしまいます。

落としよりもプライドがあり、なかなか「物忘れ」や記憶力の低下などの変化を

他人や医師に伝えることができないようです。

アルツハイマーは何よりも早期発見が大切で、

早い段階で治療が始められると日常生活に支障が出ることなく過ごせる人や、

回復する場合も多い病気です。